その昔、霞水系で釣れ釣れ!だった場所をついつい思い出巡りしてしまう・・・そんな管理人が綴るブログです。

2015/101234567891011121314151617181920212223242526272829302015/12

暖かい秋も終わって嫌な季節に突入した感のある今日この頃、いかがお過ごしですか。

2週間程前はMORIZO CUP 2015でした。昨年から艇数削減の為にとーるちゃんとペアを組んで出場している今大会。結果はローウエイトにも助けられて4位入賞でしたが、なんだかなぁ・・・ってことの顛末を振り返りたいと思います。

230559029.jpg

前夜、釣りの準備をしていたらとーるちゃんから電話があり、『当日はどこで釣りするんですか?』とちょっと強気な口調で尋ねられたので『常陸利根川をチャターでいいんじゃない!?』と答えると『今日、プラしたんだけど鰐川のテトラでキーパーは簡単に釣れますよ!でも最大でも900gぐらいでアベレージは700~800gぐらいっす!』と。『じゃぁ、シャローでいいのを獲ってキーパー場でリミットだね♪』ということでプランが決まりました。

で、当日。スタートすると近場のテトラや巾着にボートが浮いていなかったので軽くチェック。ワンバイトのみで終わったので次に向かったのは外浪逆浦に入る手前のアシとヘラ台。ここでとーるちゃんに『木の枝の下にピピピとスキッピングしたら釣れるんじゃないの!?』と自身のキャストに酔うタイプのとーるちゃんをけしかけてみたらそんなのお手の物だと言わんばかりにスイムジグをスキッピング。そしたら嘘みたいにキーパーをゲッツ!

そのまま釣りを続けていると風がそよそよと吹いてきたので風が当たるシャローに行ってみるも反応なし。次に向かったのが風が横に抜けているエリア。そこでもとーるちゃんがスイムジグでキーパーをゲッツ!この1匹で風が横に抜けているアシが良いと判断して攻めることに。

で、チョイスしたのが外浪逆浦から北利根川に入るところにあるアシ。鼻息荒いとーるちゃんにエレキを任せてスイムジグで攻めていくと『きた!いや、バレた・・・クラッチ切っちゃった・・・うん!?まだ食ってる!!』と自作自演。するとデカバスがもんどりうってジャンプ!慌ててボートの後ろに回ったとーるちゃん。慎重にやり取りしていると思ったら青ざめた表情でひと言、『バレた・・・』と。軽く見積もっても1500gはあるだろうバスをバラして動揺するとーるちゃん。時計を見ると帰着まで残り2時間。ここでキーパーを取りに鰐川テトラに行くのか!?このままアシを攻め続けるのか!?を相談。結果、デカバス狙いでシャローを攻め続けることを選択。

らしきスポットをランガン気味に攻めるも時間だけが過ぎていく。こうなるとあのデカバスが・・・という話になる。『あの1匹がいたらキーパー狙いに行けたのに・・・』とか『勝てたんじゃない!?』とかタラレバ話に。極めつけには自分がスイムジグで1匹釣った後にとーるちゃんは『そいつを釣ったらおれがバラした1匹のせいで勝てなかったことになるのでいっそのこと釣れなかったら良かったのに・・・』と言い出す始末。

結局、その後は何も起こらず終了。

230558953.jpg

スキッピングから始まってデカバスを自らのミスで逃すところまで自作自演乙とーるに振り回された1日でした・・・


11月になって体調万全の日が1日もなく、歳には勝てないことを実感している今日この頃、いかがお過ごしですか。

今回の体調不良は原因がハッキリしています。

1725315_641706579298674_4069531109039255112_n.jpg

ハーツで期間限定ガイドをやっている片岡君。来た時からゲホゲホやっていたので怪しいなぁ・・・と思いつつ、一緒に飯を食べに行ったら翌日には喉の調子が悪くなって次の日は唾が飲み込めなくなる程の痛みに。これはヤバいと思い、病院に行くと先生から『今回はひどいねぇ・・・喉が腐りかけてるよ』だって。鏡で見てみると扁桃腺が化膿して黄色に変色している!完全にやられました・・・

それでもスズキマリンさんにチケットをもらった義理もあり、無理して東京モーターショーへ。

DCF00465[1]

これで更に悪化。気合で1週間を乗り切ったけどモリゾーCUPのプラは断念して体調回復優先で12時間睡眠。目覚めたところでTOMTOM工房の戸村君から電話があり、昼飯へ。

DCF00486[1]

オリジナルのクランクロッドをもらいました。

モリゾーCUPはこのロッドでワイルドハンチを投げてデカバスを釣りまくって優勝だな・・・