その昔、霞水系で釣れ釣れ!だった場所をついつい思い出巡りしてしまう・・・そんな管理人が綴るブログです。

2015/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312015/11

バサクラの疲れからか!?久しぶりに13時間も寝て腰を痛めてしまった今日この頃、いかがお過ごしですか。

で、クラシック当日。いつものように受付前に出船準備をしていたら何やらボートの後ろのほうからパチパチと音がする。まだ夜が明けていないのに水でも撒いているのかぁ・・・と思い、ビニールハウス側を見るとエンジンから炎と煙が上がっているではないか!!!慌ててバッテリーを外してホースでエンジンに水をかけて消火。いや~ホントにビックリしました。試合後、エンジンを見たら・・・

DCF00435[1]

DCF00436[1]

カウルは熱で変形、どうやら燃料ポンプから出火したようで燃料ホースも表面が溶けてました。まさに間一髪・・・

慌てて代艇を用意して少し遅れてのフライトに。

228946241.jpg

自分では動揺したつもりはなかったんだけど、利根川のタイドが良くないので10時くらいまでは常陸利根川で釣りをする予定だったのに優勝した保坂さんが水門方向に進んでいるのを見て吸い込まれるように利根川へ。

利根川では爆釣したパターンを試すも思うように反応がない。焦ってクランク連発エリアに行くと木曜日から金曜日に通過した爆弾低気圧のせいでド茶濁りの枯れ草だらけ。一投ごとに枯れ草がフックに絡んで釣りにならず・・・

228946265.jpg
2匹で1,610g

この時点で優勝はかなり厳しくなったもののお立ち台圏内にはそんなに差はなく、1DAY WINNERというご褒美もあるので気合を入れ直して2日目に臨むもあえなく撃沈・・・

228946371.jpg
1匹700g

この結果はさすがに凹みました。利根川はいろいろなファクターがあって昨日釣れたから今日釣れる訳じゃないと良く判っているつもりでも体がいうことを聞かない・・・『今を釣る』ことがいかに難しいか痛感するトーナメントになりました。

この悔しさはMORIZO CUPで!


傷ついた心に秋の青空が染みる今日この頃、いかがお過ごしですか。

10月3・4日はハーツマリンクラシック2015でした。結果は17人中16位の惨敗・・・未だに心の傷が癒えませんが、プラから振り返りたいと思います。

プラは木曜から金曜に爆弾低気圧が通過するとのことで水曜日に行いました(結果的にこれが惨敗の要因に・・・)。

DCF00429[1]
当日は快晴!

まずは常陸利根川・外浪逆浦・鰐川をチェックするもどこに行っても濁りが。チャターをメインに探るも反応がなかったので11時頃、利根川へ。利根川も濁っていたが、過去の経験では釣れる濁りと感じ、まずは実績のあるアシを撃つと・・・

DCF00430[1]
1,200g!

いきなりのキロUPに気分は上々。この1匹を合図に怒涛の入れ食い!

DCF00432[1]

DCF00433[1]

アシではテキサス、杭ではダウンショットで500~800gが思うように釣れる!更にとある支流に向かうと・・・

DCF00434[1]
クランクで4連発!

わずか3時間で12本の釣果!これで『利根川でリミットを揃えて常陸利根川でキッカー狙い』というプランで臨むことを決めて大満足のプラを終えました。

つづく・・・